2013年7月アーカイブ

July 11
2013 05:52 AM

Mother Nature's Son


最近腐ってて
ことあるごとにYer Bluesが頭の中で流れてた。
John Lennonが「死にたい」って叫ぶように歌う曲。

曲がカッコいいってのもあるけど
歌詞に引っ張られて浮かんでたんだと思う。



そしたら今朝夢を観た。

すげぇリアルな夢だった。



俺は自分の死期が近いのを知ってて
大切な人たちとどう別れるか考えてる。

喧嘩してずっと疎遠になってた友達に会いに行って
別れ際、駅のホームで抱き合って
ありがとうって伝える。

自分のなのかわかんないけど子どもも一緒に暮らしてて、
2人で食器を洗って、ふと髪を掻き揚げたら
指にごっそり髪の毛がついてきて
びっくりしてる子どもに「抗がん剤使ってるからね」って明るく俺が言う。

朝目覚める度に身体が弱っていくのが判って
眠るときは、これでもう二度と目覚めないんじゃないかって思いながら
毎晩最後のつもりで家族におやすみを告げる。

俺が死んだのを人づてに聞くであろうあの人はどんな風に感じるのかな
とか考えてると、沈むように眠りに落ちてて

朝目覚めると、まだ生きてたってホッとする。

そんな夢。




死にたくねぇなって思った。

会えない人には手紙を書くよ。



2013-07-11.png


ASA


July 5
2013 04:24 AM

いけてないふくろ


WHIMの次の作品は、
ストーリーが絡む作品にしようっていうイメージがかなり前からあって

なんやかんやを経て、物語や世界の設定資料を作って
作詞家兼脚本家のおにぎり(北海道在住)に丸投げしてみたんだけど(昨年10月の出来事)

仕事とかエヴァとか着ぐるみとか大変そうだから、こっちでも書いてみようかって。



自分で書くとなると作品に対していろんな欲が出てくるもので

満足するものを早く仕上げる為には
階段を何段飛ばしで駆け上がんなきゃいけないのかなぁ、とか思いながら
ビックカメラの階段を2段飛ばしで7階まで




ブクロのビックカメラのエスカレーターは不便。
行けばわかる。

2013-07-04.png


ASA